京都のリフォーム、耐震改修

SDGsへの取り組み

SDGsロゴ

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として2015年9月の国連サミットで採択された 「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、松本工務店としても積極的に取り組んでいます。(※外務省HPより一部抜粋)

SDGsロゴ

すべての人に健康と福祉を

子どもから大人まで、みんなが健康でいるために、自分の病気を予防するだけではなく、ほかの人にもうつさない努力をしています。家で過ごす時間が多くなった昨今、体にいい暮らしが注目されています。私たちの家づくりは、体にいい住環境を提供します。

エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

私たちは、すべての人の健康を守り、安心安全な暮らしを提供することを使命と考えています。住宅の性能にこだわり、エネルギー消費の少ない高機能な住宅を提供します。
環境にやさしい安全でクリーンなエネルギーを使うことで、健康で快適な暮らしを保証します。

SDGsロゴ
SDGsロゴ

住み続けられるまちづくりを

私たちは、家を作ることは、まちをつくることと同じだと考えます。
今、住んでいるまちは子どもたちの世代、孫の世代へとバトンを渡していきます。安心して住み続けられる未来を繋いでいくために、計画的なまちづくりを行います。

つくる責任、つかう責任

私たちは家づくりをするときに、環境に良い方法を積極的に選び、資源のムダがないように取り組んでいます。豊かな資源にも限りがあります。未来の資源を先に使ってしまうのではなく、ずっと続けられるような生産と消費を行い、未来につなぐ責任があります。

SDGsロゴ
SDGsロゴ

気候変動に具体的な対策を

地球温暖化を防ぐために、私たちのできることは暮らしの中でできるだけ二酸化炭素を出さないように工夫することです。ガソリンの自動車ではなく電気自動車を選択するように、暮らしにも二酸化炭素を出さない選択をすることで、クリーンな未来を築いていきます。

気候変動に具体的な対策を

人々の暮らしは、山や川、海、そして森に囲まれた自然とそこに生息する様々な生き物に支えられています。自然を守ることは私たち人間の暮らしを守ることと同じです。
植林活動や森づくりを通して、生物の多様性を育む自然を未来に残していきます。

SDGsロゴ

松本工務店の家

お客様の声